どうかしてるテレビゲームズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EA、『FIFA11』は大幅に改善を行っている

fifa11.jpg
先日発表された『PES2011』こと『ウイニングイレブン2011』に続いて、EAの『FIFA10』の詳細が何故かプレイボーイ的なグラビア雑誌に掲載されたのだとか。
EAは『FIFA11』では、グラフィックや音楽のカスタマイズ、選手AIや選手の個性を含めて大変大規模な改善を行ったと語ったたのだとか。


『FIFA10』で”ワンツーパス”がユーザーに不評だったので、EAは『FIFA11』向けにプレイヤーがパスの重さをコントロールできる”プロパス”を開発しました。例えばジョン・テリーに阻まれスルーパスされたボールを強く蹴れなかったら、操る選手について考えたくさせます。

実際、EAの”プロパス”は気が狂っているように思えます。『FIFA11』ではカーブパスにドライブロブパス、トリックパス、バックスピンのかかったスルーパスが追加されました。

選手AIは物凄く向上したと言われてる一方で、『FIFA10』での超人的なストッパーやゴールキーパーに対しての批判へのを受け、彼らはあまり賢すぎなくなりました。

一番の改善点と考えられているのは選手の個性の改善だ。選手の個性の改善とは世界最高のサッカープレイヤーたちがプレイヤーが彼らに期待しているようにプレイするということだ。

どの選手も今はディフェンスとオフェンスの比率の設定があります。だからウェイン・ルーニーは、例えばディフェンダーを振り回そうと毎時100マイルの速度で走ります。ダニー・アライブスが止めに向かって来るでしょうが、守備に戻るには少し遅いかもしれません。

選手たちはまた個性に依存する動作が出来るので、ドログバがディフェンダーをかき回すことに強みを使う一方で、テベスは小技に長けています。

その他の点では選手のビジュアルが大幅に向上されたといわれています。『FIFA10』では3種類しかなかった選手の体型と比較して『FIFA11』では10種類になっています。加えてクラウチのように特殊な体型も追加されています。

プレイヤーはまたチャントを録音し、アップロードすることでそれを試合中にかけられます。




相変わらず酷い訳ですが、要するに改善点は以下の通りです。

・基本的に選手のAIは賢くなった。(ただしキーパーやストッパーは少し馬鹿になっている。)
・パスの種類の追加。「プロパス」でパスをコントロールできる?
・選手の個性の確立。(有名選手が現実のように動く。これまでのような画一的な動きじゃない?)
・ムーヴメントにも選手固有のものが加わった?
・選手の体型が3種類から10種類に増加。加えて一部の選手は専用の特殊な体型が用意されている。
・チャントを録音しアップロードすることでプレイ中に流せる。


大幅な変化と言われているけれど、そこまで大幅に変化はしていないような気がする。選手の個性をゲームに反映させるっていうのは『ウイイレ2011』でも言われていたのでトレンドなのかもしれない。これは高塚さんの予想通りシンプルなアップデートに留まっているかもしれません。キーパーが馬鹿になったのは嬉しい。

ちょっと今のところ、『ウイイレ2011』に期待かも。



[ネタ元]

« PSPGoは壮大な実験だった?SCEE幹部|Top|ギアーズのクリエーター、「日本はもう追いつけないよ」 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://2hoursuspense.blog93.fc2.com/tb.php/117-e4c47bdb

Top

HOME

EEE

Author:EEE
少し忙しくなってきましたので、時間と心に余裕のあるときにゲームの情報を適当につづって行きます。翻訳とかはいい加減なので、話半分と理解してください。どうぞよろしく。

何かありましたら、以下にお願いします。
eee3gamesアットgmail.com

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。