どうかしてるテレビゲームズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高塚氏インタビュー完全版

takatsukapes2011.png
昨日アップした高塚新吾さんの『ウイニングイレブン2011』のマネージャーオンラインについてのインタビューの完全版が来ています。今週から開催されるGamecomに際してのインタビューだったようです。


こちらのビデオはちゃんと日本語音声も収録されていますので、以下文字起こしです。



インタビュアー:マスターリーグオンラインを説明してください。

高塚氏:マスターリーグオンラインはオンラインでの対戦や大会で獲得した賞金を基に自分のチームのメンバーを強化して、そして戦い抜いていくモードになりますね。オフラインではかなり昔から人気があるモードだったので、「オンラインで是非!」という声はかなり昔からあったんですけども、今回やっと満を持して入れることが出来て我々としても非常に嬉しいです。



インタビュアー:オフラインのマスターリーグとはどう違うのですか?

高塚氏:オフラインのマスターリーグは1人プレイ専門なんですね。ですからどうしても自分が主人公で、そしてコンピューターはそれの対戦相手といおう位置づけでしかなかったんですけども、オンラインでは対戦相手が全て人と言うことで今までに無い戦い方が出来ると思うし、また選手の獲得も自分ひとりが中心じゃなくなるし、ライバルがたくさん居ると言うことで、まったく違った遊び方が出来ると思いますね。



インタビュアー:どのようにMLOをプレイするのですか?

高塚氏:オフライン版ではですね、リーグに属して、リーグを進めて行くっていう、そういう形を取っているんですけども、オンラインではですね、クイックマッチのような1試合もそうですし、またコンペティションのような大会毎に参加費を払って、それで試合を進めていくっていうそういう形を取っています。



インタビュアー:もっと詳しく説明してもらえませんか?

高塚氏:チームの戦力が上がれば上がるほど、参加費が高くなりますので、良いチームであるほど良い結果が求められる?逆に良い結果が出せなければチームは維持できないので、選手を放出しなければならないって言うことになります。



インタビュアー:初心者への施策はありますか?

高塚氏:ディビジョンが5つありまして、毎週ディビジョンが、自分が属するディビジョンが決定されるというシステムを取っております。それによってコアな人たちとまた初心者グループって言うのを明確に分けることが出来ますし、強い相手にいきなし当るということは極めて少なくなると、そう思います。



インタビュアー:どうやって選手を獲得するのですか?

高塚氏:試合を進めて獲得した資金で新たに選手を獲得するという流れになります。



インタビュアー:選手の移籍金はどのように決定されますか?

高塚氏:人気がある選手はどんどんどんどん移籍金が高くなっていくというシステムを取っています。



インタビュアー:そして移籍金は常に変動するのですか?

高塚氏;そうですね、自分が試合をやっていなくても、他のプレイヤーが試合を行い、獲得した賞金で選手を獲得すれば、その選手の人気が上がって、移籍金が上がるというシステムです。



インタビュアー:良い選手を獲得するのは難しくなりますか?

高塚氏:そうですね、ですから人気が出る前に獲得して、人気が出て移籍金がコウフツ(※高騰?)した時に、スムーズに売れるっていうことが出来れば、非常に資金も潤沢になりますし、非常に良い、有利な試合運びが出来ると思いますね。



インタビュアー:潜在能力のある選手を見つけられますか?

高塚氏:そうですね、毎作そのような選手というのは話題になりますけども、オフライン以上にオンラインではそのような選手の発掘というのは、非常に重要になりますね。



インタビュアー:MLOでのコミュニケーション機能を説明してください。

高塚氏:チャット機能は当然のことながらありまして、その他に新機能としましてツイッターのように自分のチームの情報をリアルタイムに画面に表示するっていうような機能も新たに入っています。



インタビュアー:MLOでの目標は何でしょうか?

高塚氏:今回はですね、いろいろな遊び方を盛り込みました。まずディビジョンで優勝するっていうランキングを求める、そういう遊び方もありますし、また獲得賞金を非常に稼ぐ、まぁそれは選手を安く勝って売るということで稼ぐことも出来ますから、それで稼いだランキングで1位取るということも出来るし、また歴代のすばらしいプレイヤーを集める、そういうような遊び方も出来るし、いろいろな遊び方でいろいろな人に楽しんでもらえる、そういうようなマスターリーグを目指しました。



インタビュアー:強化されたエディットモードについて教えてください?

高塚氏:今回の大目玉なんですけども、スタジアムエディットが入りました。かなり自由度の高いスタジアムが出来ますので、ユーザーの皆さんが理想とされるスタジアム?それをどんどん作って、それでゲームをやって喜んでもらいたいと思います。



インタビュアー:エディットモードにていて、他に何かありますか?

高塚氏:エンブレムとかそういう細かいところも今回ちゃんと力を入れてパワーアップしてますね。エンブレムをエディットしますと、ワイプとかにも反映されますから非常にこう、実感が沸いてくると思いますね。



インタビュアー:サウンド方面で何か変化はありますか?

高塚氏:実況を取り込んでね、歓声等に使ったりとか非常にパワーアップしていますので、その辺も併せて楽しんでもらいたいですね。(※字幕では”on PS3 and PC”とだけある。この機能に関してXbox360という表記が無い。)



インタビュアー:Gamecomで何が起こるか、ファンにメッセージを。

高塚氏:今回の『PES11』はすごい良いモンですよ。それはもう自信を持って言えます。ヨーロッパの皆さんの期待の声に答えるべく、我々もありとあらゆる力を動員してすばらしい機能を今回盛り込みました。是非この会場でプレイしてください。そうすれば、去年の『PES10』との違いがすごく分かってもらえると、そう思います。それでは!





まとめると、

・オンライン対戦や大会で勝つと賞金が入り、それでチームを強化する。

・移籍市場もオンラインである為に、選手の獲得でも他のプレイヤーと競合する。

・移籍金は人気度で決まる。プレイヤーがプレイしていない間も他のプレイヤー間のやり取りで移籍金は変動。

・上手くやれば選手を転がして資金を稼ぐことも出来る。

・マスターリーグ出場には参加料が必要。強くなればなるほど参加料が高額になる。

・「マスターリーグオンライン」は難易度毎に5つのディビジョンに分かれている。

・1週間毎に成績によりディビジョン間でのチームの入れ替えがある。

・チャットやリアルタイムのチームレポートがある。

・マスターリーグには様々な種類のランキングがあり、それぞれが楽しめるようになっている。

・エディットモードではスタジアム、エンブレム、歓声などがある。(歓声はPS3とPCだけ?)


他にもいろいろありますが、ざっとこれくらいかと。これが『ウイイレ2011』の隠し玉だったのかと思い知らされます。こんな機能も隠し持っているなら、『FIFA11』の発売日発表前には発表したくないだろうなぁ。リーグモードが一番の穴である『FIFA』シリーズにとってはこれはかなり切望されるモードです。素直に面白そうなので、またすぐに『FIFA』にパクられてしまいそうだなぁ。


でも本当に今作は面白そうです。




[ネタ元]

« スクエニ、新規360独占TPSを発表。|Top|高塚新吾氏、ショートインタビュー。ベータテストも開始 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://2hoursuspense.blog93.fc2.com/tb.php/286-d976a638

Top

HOME

EEE

Author:EEE
少し忙しくなってきましたので、時間と心に余裕のあるときにゲームの情報を適当につづって行きます。翻訳とかはいい加減なので、話半分と理解してください。どうぞよろしく。

何かありましたら、以下にお願いします。
eee3gamesアットgmail.com

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。