どうかしてるテレビゲームズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクエニ、運命の輪システム公開

screenshot_3.jpg
『タクティクスオウガ』のPSPリメイク版、『タクティクスオウガ 運命の輪』の肝となる新システムが公開されています。


あの時に別の行動をしていたら!? 『タクティクスオウガ 運命の輪』新システム公開(電撃オンライン)
tactics1.jpg
選択肢による分岐でのマルチシステムが特徴の本作ですが、多くのエンディングを見るためには何度もやり直す必要があり、オリジナル版では時間がとてもかかってしまっていました。今回搭載された「運命の輪」システムを用いることで時間を労せず、かといって歯ごたえを残しつつマルチエンディングを楽しめるシステムのようです。

○運命の輪 W.O.R.L.D.
「運命の輪」システムには2種類のシステムが存在し、シナリオ上の分岐をやり直すことが出来るのが「運命の輪 W.O.R.L.D.」と呼ばれるシステムのようです。詳細はまだ明らかではありませんが、常に選択肢に遡れるわけではなく一定の条件を満たせば、現状のレベル、ステータス、装備、ユニットのままで遡れるそう。セーブデータを細かく取るといった方法とは一線を画したやり直しシステムのようです。

○運命の輪 C.H.A.R.I.O.T.
もう1つの「運命の輪」システムが「運命の輪 C.H.A.R.I.O.T.」です。シナリオ上の分岐に遡る「運命の輪 W.O.R.L.D.」とは対照的に、「運命の輪 C.H.A.R.I.O.T.」では戦闘中のユニットの行動や結果が樹形図で記録されており、それを遡ることが可能だそうです。これを遡れば、判断ミスによって失ってしまったユニットも失わずに済んだり、効率良く経験値を貯められそうです。


この「運命の輪」システムはオリジナル版を時間を忘れて遊んでいた社会人ユーザーなどには時間の節約になるのと同時に、新しいゲーム性を付加してくれる予感がします。条件などが緩すぎず、バランスが取られていれば、面白いシステムになっていそうです。


<関連記事>
タクティクスオウガ運命の輪、発売日決定(EEE)

タクティクスオウガ新作発表(EEE)


タクティクスオウガ 運命の輪タクティクスオウガ 運命の輪
(2010/11/11)
Sony PSP

商品詳細を見る

« ウイイレ2011、体験版配信決定|Top|あれはHD版ICOだったのか? »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://2hoursuspense.blog93.fc2.com/tb.php/357-45bb5f9d

Top

HOME

EEE

Author:EEE
少し忙しくなってきましたので、時間と心に余裕のあるときにゲームの情報を適当につづって行きます。翻訳とかはいい加減なので、話半分と理解してください。どうぞよろしく。

何かありましたら、以下にお願いします。
eee3gamesアットgmail.com

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。