どうかしてるテレビゲームズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上田文人インタビュー

trico1.png
「ニュース23X」の特集が延期された、『人喰いの大鷲トリコ』が控えている上田文人さんのヨーロッパのPSブログでのインタビューです。



昨年のE3で『人喰いの大鷲トリコ』を発表して以来、ほとんど続報がありませんでした。これまで何をしていたのですか?

去年はずうっと『トリコ』の最終コンセプトに携わっていました。そして今ようやく最終コンセプトを固めて、私たちは今フルプロダクション(※最終コンセプトに沿って完成品を作ること)に移行しています。私たちは私たちの『ICO』と『ワンダと巨像』での経験からゲーム開発と研究開発を同時にするとゲームの開発プロセスが遅くなってしまうことを学んでいたので、先に研究開発により時間を費やすことを決め、フルプロダクションに移行する前に、テクノロジーとメカニクスを試していました。

それを言えて嬉しいです。ちょうど今はがむしゃらモードに入っています。


lastgurdian1.jpg

私たちの読者がまだ知らないどんなことを東京ゲームショウで発表できますか?

新しい情報は2つあって、ゲームに出てくる獣の公式名称がトリコであること『人喰いの大鷲トリコ』が2011年のクリスマスにはリリースする予定と言うことです。




今回のトレーラーで私たちに何を見せようとしたのですか?

トリコの背中に矢が刺さっていたことや『ICO』と『ワンダと巨像』のエンディングを覚えている人たちがいたので、以前発表したトレーラーはインターネットで悲しいエンディングの噂を呼んでしまいました。ゲームの方向性に対するどんな仮定からも中立でありたいんです。加えて、少年とトリコの間の愛情をちょっとだけ見せたかったんです。二人の間の関係はこのゲームの体験の核なんです。



<参考動画>


『人喰いの大鷲トリコ』での少年のトリコとの関係性と『ワンダと巨像』でのワンダのアルゴとの関係性をどのように比べますか?

『ワンダと巨像』では、人々は本当に二人の間の関係性を好みました。トリコと少年の間の関係性は新しく、ゲームを通して発展していきますが、アルゴとワンダはゲームを始めた時点で既に確固たる関係を構築していたという違いがあります。

アルゴと比べると、アルゴは完全に成長しており十分に訓練された馬ですが、トリコはより野生的で、まだ未熟です。そしてこのトリコの特徴が ゲームにユーモアを与えるトリコの個性につながっています。



『ICO』と『ワンダと巨像』を再びリリースすることについてはどう感じていますか?

ずうっとPS3でリメイクしたかったんです。だからより高いクオリティでリリースできることを嬉しく思っています。出来に大変満足していますし。不幸なことに映画産業と異なり、ゲーム業界ではユーザーが次世代機に移行してしまうとテレビゲームはしばしば忘れられてしまうんです。だからPS3版が出せると言うことはICOシリーズのファンと新しいユーザー双方にこの2作品を届けることが出来る凄い良い機会なんです。



<参考動画>


何があなたに『ICO』と『ワンダと巨像』の新しいバージョンで3Dを実装させたのですか。そしてこれによってどんなことが新たに加えられていますか?

まず初めに明確にしておきたいことは3Dと言うのはPS3版『ICO』や『ワンダと巨像』を楽しむために必ずしも必要なものではないと言うことです。HD化という要素は『ICO』や『ワンダと巨像』の耐用年数を長くします。しかしながら3D化はそれ以上のものをもたらすでしょう。

『ICO』と『ワンダと巨像』の両作品とも広大な風景を描写し、膨大な被写界深度を念頭においてデザインされています。3Dテクノロジーが『ICO』や『ワンダと巨像』を開発した当時は無かったが、今は3Dがあります。3Dこそが私たちが考えていたものでした。今では技術的に可能なので、3Dは言わばさらに多くの‘ジュース'をゲームに与えます。3Dバージョンを既に体験しましたが、圧倒されました。

3D化が『ICO』や『ワンダと巨像』にもたらす恩恵は沢山あるのです。



そして最後に、何から最も強く影響を受け居ていますか?

凄く沢山ありますね。1つを挙げることは難しいです。でも最も重要なのは、私がプレイしたいと思うけどまだ存在していないゲームを作ることを常に考えていることです。そういったことを思いつきたいです。

クリエーターとして、本当に没入できる体験を作り出すことと架空の世界の中でさえありそうなリアリティを作ることはゲームのインタラクティブ性にとって、とても重要で独特なことです。




何だかんだ言って、『ICO』と『ワンダと巨像』の3D化は凄く効果的なようです。特にスケール感が際立つ『ワンダと巨像』は。ファンは今からでも来春の発売に向けて、3Dテレビを用意するなり、お金を貯めておいたほうが良さそうです。あぁ、3DテレビでHD化された『ワンダと巨像』…ゴクリ…どんな3Dコンテンツよりも魅力的なコンテンツです。


[ネタ元]


<関連記事1>
『人喰いの大鷲トリコ』の詳細に迫る! 上田文人氏インタビュー【TGS2010】(ファミ通.com)

[TGS 2010]発売まであと1年強! ようやく姿の見えてきた「人喰いの大鷲トリコ」のゲームシステムについて,上田文人氏にちょっとだけ聞いてみた(4Gamer.net)

可能性を秘めたる大作『人喰いの大鷲トリコ』上田文人ディレクターにインタビュー(電撃オンライン)


<関連記事2>
チームICOまとめ(EEE)

ICO&ワンダと巨像は単純なHDリメイクではない(EEE)

ICO、ワンダと巨像、別々にHDリメイクへ(EEE)

ICOコレクションは2011年4月で確定、パッケージ画像も(EEE)

あれはHD版ICOだったのか?(EEE)


ワンダと巨像 PlayStation 2 the Best(再廉価版)ワンダと巨像 PlayStation 2 the Best(再廉価版)
(2010/02/04)
PlayStation2

商品詳細を見る


再会の街で [Blu-ray]再会の街で [Blu-ray]
(2010/05/26)
アダム・サンドラーリヴ・タイラー

商品詳細を見る

« FIFA11、CM動画|Top|新ダンテ色々 »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://2hoursuspense.blog93.fc2.com/tb.php/431-5ebe3696

Top

HOME

EEE

Author:EEE
少し忙しくなってきましたので、時間と心に余裕のあるときにゲームの情報を適当につづって行きます。翻訳とかはいい加減なので、話半分と理解してください。どうぞよろしく。

何かありましたら、以下にお願いします。
eee3gamesアットgmail.com

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。