どうかしてるテレビゲームズ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレットソウル~弾魂~、エスカトス(ESCHATOS)

RIMG0280.jpg
4月7日発売予定で予定通り発売された『バレットソウル~弾魂~』と3月25日から延期された『エスカトス(ESCHATOS)』を買ってきました。『星霜鋼機ストラニア』に引き続きどちらも80年代を強く意識したシューティングになっています。


ファミ通Xbox360のレビューや5pbの気合の入れ具合から『バレットソウル』の方に大変期待していましたが、有名絵描きさんがキャラクターデザインしたわけでもイトケンさんみたいな有名ゲーム作曲家が作曲したわけでもない有名メーカーが作ったでもない『エスカトス』の方が面白いです。


『バレットソウル』は確かに音楽は熱いし、グラフィックも書き込まれているし、敵を倒せばその敵が発射した弾が消えるというアグレッシブなシステムも目を引きますが、肝心の爽快感はといえば…スクロールは微妙に遅く、道中はこれまた微妙に長く、ボスも無駄に硬いのでテンポが悪いんです。もう少しやりこめば印象も変わるかもしれませんが、グラフィックも書き込まれている割には演出とかも地味だなぁと思います。

翻って、基本的に同人的なゲームが土台であり、スタッフも10人以下。グラフィックはお世辞にも次世代機レベルではなく、ドリームキャストレベルというかGrevの『ボーダーダウン』や『アンダーディフィート』の方が綺麗やも知れません。特に有名な絵描きさんが起用されているわけでもなく、有名な作曲家が作曲しているわけでもありませんが、面白いです。


―『エスカトス』第2弾トレイラームービー(Youtube)



爽快感の感じられるスクロールスピードに、適度に歯ごたえのある道中。そして決して短くも無く長くも無い。ボスもちょうど良い。楽曲も打ち込み系でFM音源のような擦れがありシューティングゲームには良く合います。そして何より面白いのは3Dであることを巧みに生かした演出です。縦横無尽に飛びまくる自機はあるときは2Dシューティングですが、次の瞬間には3Dシューティングの様相を呈したりもします。ちょっとこれは80年代には収まらない新しさと面白さがあります。


今のところ80年代を意識した2Dシューティングゲーム対決は『エスカトス』に軍配だと思います。面白い!


ESCHATOS(「ESCHATOS サウンドトラックCD」同梱)ESCHATOS(「ESCHATOS サウンドトラックCD」同梱)
(2011/03/24)
Xbox 360

商品詳細を見る

バレットソウル-弾魂-バレットソウル-弾魂-
(2011/04/07)
Xbox 360

商品詳細を見る

« バレットソウル~弾魂~、エスカトス(ESCHATOS)その2|Top|星霜鋼機ストラニア »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://2hoursuspense.blog93.fc2.com/tb.php/518-5ab05d61

Top

HOME

EEE

Author:EEE
少し忙しくなってきましたので、時間と心に余裕のあるときにゲームの情報を適当につづって行きます。翻訳とかはいい加減なので、話半分と理解してください。どうぞよろしく。

何かありましたら、以下にお願いします。
eee3gamesアットgmail.com

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。